初めてのユーザー車検(1)

今年2月にプレオに乗り換えて初めての車検。
車やさんから車検案内のお知らせハガキが来て、継続手続代行料が1万円近くかかるので、
今回名義変更で軽自動車検査協会へ行った時に知った、ユーザー車検をやってみようかと。。。

で、整備だけいつもの車やさんでやってもらおうかと思ったら、
「車検の整備だけはやっていない。」と言われてびっくり。
ユーザー車検の書類で、「点検整備記録簿」が必要らしく、
それはどうしたらいいのかと尋ねると、自分で書けばいいって。えッ?!そうなの?!
じゃあ、点検整備だけやってくれる車やさんを探すしかない?

まぁ、点検整備は「車検の後」でしてもいいらしいので、
今回は納車前の1月26日に点検整備もしてくれていて、
まだ6カ月ちょっとしか経ってないので、後整備でも大丈夫だろう、ということで。

必要書類は。。。
1.車検証
2.自賠責証明書(現在のものと更新されたもの)
   ※(検査場で自賠責の更新が出来る)
3.軽自動車納税証明書
4.点検整備記録簿
   ※(車検後の後整備の場合は無くてもよい。)
  今回は、6カ月ちょっと前のものを持参した。
5.印鑑(三文判でOK)

6.継続検査申請書(検査場窓口にある)
  軽自動車検査表(    〃   )
  自動車重量税納付書(  〃   )

検査には予約が必要で軽自動車検査協会HPからネット予約をしました。
車検満了日は8月30日。
1カ月前から検査を受けることが出来て、検査日にかかわらず満了日は同じ日になります。


ネットで体験談などをチェックして準備をしました。。。

とりあえず車両の準備として、ライトの球切れがないかを自分で確認。
(バックランプはひとりだと確認出来ず。)
ボンネットの中をきれいに拭き掃除し、車体番号がどこにあるかを確認。
後部座席のシートベルトを見えるようにセット。
発煙筒の有効期限の確認。
乾いたぞうきん用意(雨の時にタイヤを拭くため)
検査時はラジオを切っておくこと。

※タイヤのホイールキャップ等は受検前に取り外して下さい。
 と書いてあったが、私の車のミニ仕様アルミホイールには
 ホイールキャップは付いていないのでそのままでOK。
 (ナットの締め付けを確認するため。)  

オートアールズでオイルとエレメント交換、ウインドウォッシャ液補充、
タイヤの空気圧チェック、無料日常点検をしてもらう。
前日にガソリンスタンドで下部洗浄と洗車をしてスタンバイOK。

いざ、初ユーザー車検へ。。。


この記事へのコメント